人気ブログランキング |

charcoal charcoal + mecall

mecall.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:art( 38 )

belladonna art II


昨日に続き 絵画作品としての作品について


描画方法には一切の制限はなかったのですが
F6サイズを縦に使うことと 本額に入れて出品する事が条件にありました
( 本額とは絵画などを額装する本格的でより重厚な額で
  公募展等では仮額という簡素な額を用いるのが一般的 )

もちろん物にもよりますが 本額はかなりボリュームがありますので
サイズ感と額のバランスを掴む為に先ず木枠と本額を取り寄せ
制作の最初は構図のイメージを膨らませることに多くの時間を費やしました

F6というのは画のキャンバスサイズです
通常私の平面作品はウレタンフォームに麻布を張り画面を作るのですが
今回は油彩画と全く同様にF6木枠に麻布を張る方法で画面を作っています
私はもともと学生時代に油彩画を専攻していたのですけれど
木枠に布をキャンバスタックで打って張るという作業をしているうちに
頭の中での制作の捉え方がフエルトから油彩画へシフトしていった様に思います

もともと 羊毛で平面画を描く時も
オリジナルの色ではなく光と影で捉える意識はありましたが
油彩画の頭で描いてみたら描画がより柔軟になれた様な気がします



構図は 実は 肩から上は 頭像として描画中のものでした
以前もお話ししましたが なにかどうもしっくり来なくてそのままになっていたもの
無地のキャンバスを見ているうちに ぼんやり構図が見えてきて
全身像…背中を向けて振り向いている…
ん? もしかしてぷく? そこにいるぷくか?
ということで のりちゃんに事情を説明し ぷくのこんな写真が欲しいんだと我儘を言い
お借りした沢山の写真を組み合わせ作り上げたのがこの構図です
( のりちゃんその節はありがとう…T-T )

振り向きで構図が決まって描き始めたものの
ぷくの背中はただただ丸く白かった 笑
私にとっては挑戦となる大きな画面を作る中
その画面の大半を占める白くて丸いお餅のような背中は色でごまかせない分とても難しかったです
これも油彩画の意識が無ければ挫折していたかも
顔はおおかた形が見えていて体を加筆するという進め方でしたので
この視線にじっと見つめられながら背中を作るという
なんでしょう
ぷくって 可愛いのですけれども ただ可愛いのではない 的な部分 ありますよね
腹に一物ありそう といいますか 上手く言えませんが 奈良美智さんの子供のような
そんなところが私がぷくを描きたい衝動に駆り立てられるのかもしれません
可愛いのですけれども なにかひとこと言いた気にも見えませんか?
なんとか仕上がりました ぷく ありがとう
しかしぷくの背中は語りますね…その眼力に全然負けてないなぁ…魅力的!


f0170352_15342122.jpg


画面構成はゼロのまま先に額を決めたのですが
額ありきで作品全体として考えていたので
額がゴージャスな分 画面は潔く色も構図もシンプルで直球な感じにしました
このような構図の組み立て方も新鮮で良かったですね 思わぬ発見でした


f0170352_15342610.jpg


前作同様 困難は多々あれど 多くの気づきと収穫をもたらしてくれる作品となりました
これからも 試行錯誤はどこまでも続きます
みなさまの応援はほんとうに励みとなります
こころより ありがとうございます
そしてこれからも どうぞよろしくお願い申し上げます


森 美意子



p.s. ぷく のりちゃん ほんとうにありがとう!


















by mecall | 2019-04-25 15:17 | art

若冲


若冲人気、きてますね。


かく云うわたくしも、好きです、若冲。

・・・といっても、身近に在る若冲と云えばこれだけ 

f0170352_15260279.jpg
f0170352_15260675.jpg

なんと クリアファイルかょ! ;

なんでかなぁ・・・
けっこういろんな作家の図版もってるんだけどなぁ・・・
なんで若冲持ってないかなぁ・・・ ;



今年は若冲生誕300年とかで各地で沢山開催されていましたね、特別展。
実物を観るとこれはもう本当に感激です。
この時代にこんな方法で表現をしたのかと。
彼は時代を飛び越えていた、いや、飛び越え過ぎていたのだな。。。


京都と箱根では未だ観られるのでお近くの片は是非 !





今週も作品紹介です!
また、可愛い子なんだなぁ・・・ 
オタノシミニ !







,


by mecall | 2016-11-22 15:39 | art

シェットランドのひつじ


ひつじ年ということで。

私の制作部屋に在る、大好きな大好きな一枚。

f0170352_12424957.jpg


イギリスのシェットランド諸島に生息するひつじ達のポスターです。
様々な羊種のボディとフェイスの特徴的なイラストがとっても可愛い。

f0170352_12473724.jpg


私がメインで使用している羊毛のほとんどはニュージーランド産なので
ここに登場しているほとんどの羊達の羊毛は使ったことがありません。

というのも、北海の荒波と強風に揉まれる寒さ厳しいシェットランド島はとても過酷な気象環境。
地の起伏も大きく断崖を駆け上がったりするのだそうです。山羊みたい!
当然、その地で放牧されている羊達も強壮な身体を持つこの地独特の品種となるのです。

島には人口の何倍もの羊が放牧されていて、島中ひつじだらけ。

過酷な自然環境と荒涼とした地の慢性的な飼料不足に対応すべく、
この島に根付く動物達は平均して小型化されてきた歴史があり、当然羊達もみんな小柄。
コリーをルーツに持つこの島出身の牧羊犬、シェルティも小さいですものね。

f0170352_1393127.jpg


それにしても、みんな個性的で可愛い。会ってみたいな。。。

羊達そのものの勉強も、もっとしてみたいな。 
と、思っている、年の始まり。
by mecall | 2015-01-13 13:28 | art

absolut × andywarhol


アンディ・ウォーホルが1986年に描いたスウェーデンのプレミアムウオッカ “アブソルート” 。

f0170352_16351442.jpg


が、そっくりそのまま本物のアブソルートのボトルに起用されたデザインボトルが限定発売!

f0170352_16361025.jpg


日本国内での販売本数は限定5200本!

・・・タカラモノだ・・・ ;▽;
by mecall | 2014-11-10 16:44 | art

play


キャスティングが超豪華な今年の芝居納め。

f0170352_12485335.jpg

キョンキョンも市川実和子ちゃんも可愛かったー
by mecall | 2013-12-27 12:51 | art

4DX


観て来ました。ゼロ・グラビティ

f0170352_14451172.jpg


すごく観たかったこの映画。
ほぼ、ジョージ・クルーニーとサンドラ・ブロックふたりだけ。(後半はサンドラだけ。)
ほぼ、宇宙空間だけ。
(演劇舞台みたいな設定だ・・・と感じました。。。)

で、アッと云う間の90分。

・・・スバラシイ !


そして観た劇場は、デビューしたての4DXシアター!

f0170352_14453755.jpg


文字通り、3D画像に合わせて座席が動き、風・水・香りが出る!
ナンだコレは・・・ スゴいぞ!!




しかし、
国際宇宙ステーションの位置は高度400km程上空と云うコトは、水平距離にして東京⇔大阪程。
その距離にあの様な世界が拡がっているなんて。。。

己の存在のスケールを、あらゆる尺での縦軸然り横軸然り、改めて想ってみたり。。。
by mecall | 2013-12-21 15:14 | art

GF


先月中後半からイベント続きで、三谷幸喜に
f0170352_15262023.jpg


タツローに
f0170352_15263192.jpg


でも、今年一番とも云っていい大イベントがこの週末に
f0170352_13544914.jpg


観戦して参りましたグランプリファイナル福岡、エキシビション!
f0170352_13552983.jpg



大のフィギュアスケートファンでありますわたくし。

このオリンピックシーズンに前哨戦とも云えるファイナルが日本で開催される。
しかもコトも在ろうか福岡で。
観戦しないワケが無いでしょ!

というワケで、チケット販売先行予約から会期全日エントリーしまくったのですが、
嫌がらせかと思うほど見事にバッサバッサと振られまくり、
半ば諦めかけた最終第3次先行予約エントリーにて何とかエキシビのチケットのみ取れました;;
お芝居にしてもライヴにしても福岡は東京よりチケット取りやすいなーと思っていたのですが
流石にこのファイナル争奪戦は甘くはなかったなー;
(お隣のシートに座っていた方は千葉からだとおっしゃっておられました)

f0170352_1452098.jpg


ロビーには各選手の応援グッズや関連グッズのショップがズラリ。
この日の記念に私がゲットしたのは可愛いチャーム。

f0170352_14131771.jpg


福岡ではアイスショーも競技も東京ほど開催されないので、フィギュア生観戦は2年以上ぶり。
しかもオリンピックで台乗り有望の選手達がみんなココに集まってる。
ワクワク度ハンパ無かったですねー。。。

f0170352_14161223.jpg


大好きなメリチャリ☆

f0170352_14163717.jpg


真央ちゃんの写真前は人集りがハンパ無くてこの角度から最大限の望遠(笑)

f0170352_14175657.jpg


ロビーのタッチパネルで競技結果やスコアが確認出来ます。

f0170352_1419731.jpg



開会前の整氷中(競技中は勿論会場内の撮影不可)。

f0170352_1481580.jpg


キスクラ

f0170352_1492190.jpg


ジャッジ席後ろ辺りの良いシートが取れたことも事を奏したのですが
いやぁ、世界最高レベルの選手達が一堂に会してのショーは、想像以上に圧巻でしたね。。。
感動感激の連続はとても言葉に出来ないほどの感涙もの。。。観られて良かった。。。 T ▽ T

想い出してもアレもコレもとキリが無いのですが、感激のひとつがパトリック。
今回初めてパトリックの滑りを生で観たのですが、
これまでは(確かに滑りは綺麗だけどここまで点出る?)と
少し思っていた部分も在ったのですが(本当にスミマセン;)
スケーティング、氷に張付く様に滑らかで、綺麗でしたねー☆

ゆづ君は相変わらず少女漫画に出て来そうな手足の長さと線の細さ。
あの身体であれだけの演技内容をこなしてしまうのは凄いです。。。

3時間ほど、始終大歓声に包まれ湧きっぱなしの会場でしたが、
一番盛り上がったのは浅田真央選手の登場。
ではなく、スマイル後のアンコールも終わったあと。
挨拶を終えてもずっとその場に居るな・・・と思っていたら、
なんと突然花のワルツのイントロダクションが!
もちろん、クリスマスシーズンと云う事も在ったのでしょうけれども、
何と云う何と云うサプライズ・・・ この時の感情の興奮度と云ったら・・・!
会場が震えているかと感じるほどの大歓声、全身に鳥肌が立ちましたね。。。
(真央ちゃんの感想に付きましては好き過ぎてとてもコトバにできません・・・)





そう、これは8年前、彼女がシニア初参戦の年のフリー曲。
この時のファイナルも日本開催(東京)で、オリンピックイヤー。
そして、スルツカヤを破りいきなりのファイナル優勝を飾った、鮮烈なデビューイヤー。
ここから彼女は様々なものと闘いながらずっと走り続けて来たのだね。。。


f0170352_1541643.jpg



点数競技というものは、
どの様な事情かモヤモヤがつきまとう結果が拭えないことが多く難しいけれど、
純粋に素晴らしいものはキチンと心に響きます。


f0170352_15421373.jpg



もちろん、首に掛かるメダルの色には重いものが在るのだろうけれど、
演技に込めた想いや情熱は必ず観るものの心に共鳴していると信じ、みんな、頑張って欲しい。

改めてそう願った、この週末。


f0170352_171827100.jpg



どの国の選手のみなさんも、ガンバレ!
日本の選手のみなさんも、もちろん、ガンバレ!



f0170352_1512198.jpg







p.s.

エキシビのグランドフィナーレも終了し、選手達も全員はけて観客達も立ち始めた頃、
急にユヅ君が出て来てなんとなんと、クアド,3アクセル,3アクセルの連続ジャンプ!
すごーーーいッ!
この瞬間も悲鳴に似た大歓声でしたねー!(笑) → ☆(13:30頃)

日本選手の皆さん、来週の全日本も頑張れー!

f0170352_1650267.jpg

by mecall | 2013-12-10 15:45 | art

B C


今週は、滑り込みで BEATCHILD

f0170352_12354927.jpg


色々な意味で、今の時代では考えられないだろうな。。。

f0170352_1241782.jpg


色々な意味で、すごかったなぁ。。。

f0170352_1237597.jpg

わたしもガンバロウ。。。




                   *




来週は作品紹介です!
とっても可愛〜い親子姉妹ガールズなのです!
おたのしみにっ!
by mecall | 2013-11-09 12:44 | art

les miserables


レミゼ。
絶対観る!と、発売早々(昨年11月;)前売りを買ったのに、アカデミー目前の今頃やっと観劇;

いやぁ、泣きましたね・・・

f0170352_17182198.jpg


フィラデルフィア在住時にニューヨークで舞台を観て以来だから、もう10年も経つのね。。。
英語が堪能ではない私は細かい台詞までは聞き取れずに大枠でしか理解出来ていなくて、
それでも、物凄い感動の渦に胸がいっぱいになって泣けたのを想い出しました。

舞台の映画化は難しいと良く云われるけれど、いやぁ、良かったですね・・・

未だの方は是非。
さっこん心がざらついておられる方も、平穏無事な日々を過ごされておられる方も、
きっと、心に何らかのさざなみが起きるはず。


世界中のみんなが笑顔で一日一日を過ごせる、平和な世の中になると良いな。。。
by mecall | 2013-02-16 17:52 | art

Vermeer


先月は太宰府へ行きました。
f0170352_11193488.jpg


フェルメールに会いにね。
f0170352_11201263.jpg


初めてフェルメールを観たのは、2000年の大阪。
その後、アメリカ在住時にニューヨークとワシントンで何点かと、東京で何点かと、パリで。

九州にフェルメールは初上陸とのコト。
今回お目に掛かれたのは “真珠の首飾りの少女” 1点。
東京からハシゴして来た企画展だったのだけど、
東京では同時期に都美館で開催されていた別の企画展に “真珠の耳飾りの少女” も来ていたのね。
あぁ・・・コチラも観たかったなぁ。。。

ちなみに、2000年大阪での初フェルメールがこの “耳飾り” の方の少女でした。
あ〜ん・・・観に行けば良かったなぁ。。。

f0170352_12451457.jpg


ふたたびちなみに、あの頃この作品は“青いターバンの少女” と呼ばれていたのだけれど、
その後、この画に着想を得た小説で映画化もされた “真珠の耳飾りの少女” の大ヒットで
今はこの呼び名がポピュラーなのだそう。
ふ〜む。。。そんなコトもあるのね。。。



九州国立博物館の立地は山の中。
f0170352_114112.jpg


ミラーばりの外観は、きっと、こんな四季の移ろいの映し込みを考慮されたのだろうなぁ。。。
f0170352_11441075.jpg


直ぐ近くに在する太宰府天満宮へはこんな近未来スロープで繋がっています。
f0170352_1144591.jpg


数分でアッと云う間に到着ー。
f0170352_11455174.jpg


御神牛を右手に拝み
f0170352_11582817.jpg


太鼓橋を渡ったら
f0170352_11494837.jpg


すぐ楼門が見えます。
f0170352_120689.jpg


美術館の混雑を考え平日に来たのだけれど、流石こちらもけっこうな混雑;
受験生らしきツアーにも結構遭遇し、流石だなぁ。。。
f0170352_1211616.jpg


学問の神様とばかり思っていたのですけれども、至誠・厄除けの神様でもあると。
しっかりお参りし、おまもりとおふだも頂いて参りました。



ちなみに、参道のスタバはこんなにオシャレ☆
f0170352_1283472.jpg




焼きたて梅ヶ枝餅も頂いて、心機一転。 出来たカナ。。。
by mecall | 2012-12-05 12:21 | art
line

ゆららかなる日々・・・


by mecall
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30