charcoal charcoal + mecall

mecall.exblog.jp ブログトップ

president“charlie”- 3

チャーリー君3部作。

いよいよ エピローグの巻。 です。


ラストでどうしてもお話しさせて頂きたかったのは、 
すこしだけ 不思議な おはなし。。。



f0170352_138430.jpg




ある日。


きなこさんから

『変なメールで突然すみません。。。』

と はじまる 短いメッセージが 。


『実は昨日・今日と朝チャーリーの声が聞こえまして。
 いつも朝はベッドの横に来て「ワン!」とひと声吠えてたんですよ。
 吠えるというより、「はよ起きんか!」と文句言う感じで。(^^;)
 今まで一度もそんなことなかったんですが、2日続けて聞いたので
 もしかしたら森さまがチャーリーを作り始めてくださったのかなぁ、・・・なんて思ってしまって。
 普段はスピリチュアル系には否定的なんですけど。。。』




・・・   !   ・・・



まさに、それ。

きなこさんからこのメッセージを頂く半月程前に私も経験していた、そのもの。
三角眉毛のチャーリー君のお顔のどアップが、
一声『ワンッ!』と、三角眉キラキラ真ん丸真っ黒お目目で私をジーッと、一喝(笑)。
それだけ。



このタイミングにはもう少し絡みがございまして・・・



実は。。。



きなこさんから“検疫問題一気に解決!”のメッセージを頂いた日 → 8/11
チャーリー君の毛が私のアトリエにやっと届けられた日 → 8/18
チャーリー君が私の枕元まで一喝しにいらした日 → 上記2件の中日頃(8/14前後?)


全国のチャーリー君ファンのみなさま。
お気付きでしょうか?

この、早朝にチャーリー君が私に一喝しにいらした辺り。



ちょうど、チャーリー君の3ヶ月目の月命日。。。




実は、その頃は未だ、別オーダーの子の制作中(仕上げ段階でしたが)でした。
でも、その朝から何となくチャーリー君が常に近くに居る様な気がして、
チャーリー君のお顔のどアップ写真を1枚だけ、デスク前の一番高い部分にマグネットしてあったのでした。
(ワンちゃん達と一緒にお過ごしの皆様。
 意識していなくても何と無く気配を感じ、足元をふと見ると愛犬がジッと自分を見つめていたりする事。
 時々在りませんか?
 あんな感じで、常にチャーリー君の体温を近くに感じていたのです。。。)


そして、ほどなくしてチャーリー君の制作に入り。。。


・・・私が新たな子に取り組む時は・・・
まず、制作デスクの上にも前にも横にもその子の写真をビッシリ並べ、
その子に囲まれるかたちで暫くその子と会話をする事からはじまるのですが・・・

通常は1〜2日程で大体のイメージが固まるところ、
チャーリー君の場合は、何となく彼のメッセージを読みきれていない様な感が在って
3日目を経てもなかなか進めずに彼のお話しを聞いていました。

きなこさんの処に何かヒントが在るのかもと、チャーリー君とのお別れ頃の記事を読み返し涙していたところ・・・




ちょうどそこに、まさにその時、冒頭のきなこさんからのメッセージが届いたのです 




無意識に、大粒の涙が ポロポロと 。。。







チャーリー君。

キミは、
眉をキリリッとさせて 肩で風を切って どんなに大きな相手にも勇敢に立ち向かって 。。。

でも、本当は凄く繊細で思いやりが在ってナイーヴな、寂しがり屋さんなのだね。

大切な人との重なるお別れ。 環境の変化。
キミ自身の事だって、その小さな身体では受け止められない程であるだろうに、
いつだって、みんなの事が心配で心配で。 
なにより、(大好きな人を悲しませてはいないかな・・・)という 溢れる程の おもいやり。。。

今でも、ふわふわな背中には随分沢山の想いを背負っていますね。

でもね、 安心してください。

キミが虹の橋を渡った事はそこはかと無く悲しいけれど、
みんな、しっかり元気に、大地を踏み締めて生きています。
涙もろい“きなこママ”だって、お空をあおいで頑張っています。
(未だ時々ポロッとしてしまう様ですけれど。。。)

だから、チャーリー君。
キミは、お花一杯の大きなふわふわなソファにでも腰掛けて、
久々に再会した大切な方々と幸せな日々を過ごし、
左団扇で、シモジモの者どもを眺めていてくださって大丈夫ですよ。
(あまりに眼に余ったら、その時は一喝、宜しくお願い致します。。。^^;)


いつだって、みんな、キミの事を近くに感じ、ずっとずっと大好きですから。
みんな、キミに 寄り添っているのですから。。。





f0170352_1233455.jpg


f0170352_1231387.jpg






この日から、
チャーリー君にハッパを掛けられながらの制作に没頭出来た事は云うまでもございません ^^ 。










チャーリー君の〆は、絶対に、このおはなしをさせて頂こうと決めていたのですが、
偶然にも、きなこさんもこの話題でシメましたね!
これ、全く打ち合わせてはいないですよ(←ココ大事です!笑)
きなこさんのブログ記事へは こちら から。






mecallへオーダーをくださるオーナー様には、
お星様になられたワンちゃんの依頼をされる方も多くいらっしゃいます。

かけがえの無い大切な存在を失った空虚感。
ぽっかりと空いた、その大きな空間をどう処理していいのか判らず、やり場の無い想い。
ただただ、涙に明け暮れる日々。。。
“この子は私のトコロに来て本当に幸せだったかしら。。。”
“アノ時もっとこうしてあげていたら良かったのでは無いかしら。。。”
そんな風に、自分に問うたり自分を責めたりしてみたり。。。

そんなメッセージを拝見する度に、その遣る瀬なさに、 わたしも  ただ  涙。 涙。 涙。。。

でもね、みなさま。
貴方のパートナーは、貴方が、そう想っていてくださるというだけで、それはそれは幸せなのだと想います。
姿が見えなくなっても、心はいつでも傍らに。
とっても幸せなのだと思います。

だから、仕上がるフエルトドッグ君達は、どの子もキラキラ、弾けるばかりの笑顔。
制作中にたくさん対話をさせて頂いている私は、この子達から楽しいお話しやパートナー様の自慢話(時には愚痴も…^^;)ばかり聞かせて頂いています。
(チャーリー君からはハッパを掛けられておりましたが・・・笑!)

いつかは私にも、共に暮らす愛犬&愛鳥を虹の橋の向こうに送り出す日が来るのでしょう。
その時には、やはり、例え様の無い想いが体中を巡ると思うのですが、
きっと、皆様からの、皆様のパートナーからの、抱えきれない程のメッセージを思い出すのだと思います。
そして、助けて頂くのだと思うのです。

この度、きなこさんのブログを初めてご覧になられた方。
このエピソードの主人公“チャーリー君”が虹の橋を渡った頃、
是非、その頃のきなこさんの日記から ご覧になられてください。
いまだに涙が溢れ心がキュッとする記事ですが、悲しみだけでは無い、確実にあたたかな光を感じるおはなしとして、いつの日か、きっと助けになってくださるはず。。。
きなこさんのご了承を得ましてこの日の日記をリンクさせて頂きます。
この日から数日間にわたり綴られるきなこさんのチャーリー君への想い。
続けてご覧になられてください。
ここから、フエルトチャーリー君のエピソードは はじまっています。  → チャーリー君の旅立ち 
 * オフィスのデスクでご覧の方。泣けますのでご注意を!^^ *








これで、チャリオ社長のおはなしは おしまいです。

チャーリー君がきっかけでこちらにいらしてくださった皆様、ありがとうございました。

チャーリー君。
キミはとても素晴らしい出会いと経験を沢山沢山わたしにプレゼントしてくださいました。
本当に、ありがとうございます。

そしてなにより、きなこさま。

貴方とタッグを組ませて頂きましたからこそ、この大事(?笑)を成し遂げる事が出来ました。

地球をくるっと半周。
この、不思議で素敵な出会いに こころより感謝申し上げます。

  



     ホントウニ アリガトウゴザイマシタ !





                         森美意子


f0170352_1045330.jpg

[PR]
# by mecall | 2008-10-16 13:32 | felt dog

president“charlie”- 2

で、前日の “大変な事態” の つづき です。。。



きなこさんから

『大事な「毛」が入っているし
 NZの郵便局が信用ならないので、万が一を考えて国際書留で送りました^^』

というメッセージを頂いて1週間程経た、ある、うららかな初夏の朝の出来事です。。。



朝の一連の家事をこなしている最中、電話が。
(こんな時間に、いったい誰?。。。)




『森様宛NZからのお荷物の一部が動物検疫を通過出来ない為こちらで止めさせて頂いております。
 動物の毛髪か何かでしょうか。。。
 こちらはコノ個体の健康証明書添付が必要となり、
 ご用意頂けない場合にはNZに返却か焼却処分となりますが・・・』




???

ち・・・ ち・・・    ちょっと待ってください ・・・
すごく  すっごーっく 大切なんですけど  ソレ ・・・ !



ひととおり、コノ荷物の意味や用途や私の仕事や・・・あれこれ兎に角・・・
トニカクトニカク・・・
一息に色々説明をして・・・


 


『 で、私の手元に届けて頂くには、どうしたら良いのでしょうか。。。 』

 



f0170352_136314.jpg






この問題。
問題だらけだったのです。


だって・・・





〈問題その1〉 
 毛が入国する為には獣医さん発行のチャーリー君の健康証明書が必要
  ↓
 お星様になったチャーリー君の健康証明書が発行可能なの?

〈問題その2〉 
 取り敢えずNZへ返送する と すると・・・
  ↓
 色々な手数料.送料等考慮すると¥13.000前後の諸費用が必要とか
(届かずにもとの場所に戻るだけなのに高くない? 諸費用って・・・何?!)

〈問題その3〉 
 問題その1,その2 以外の道は焼却処分のみ。それまでの保管期間は3ヶ月。
  ↓
 そんなの・・・その道だけは・・・絶対困ります・・・ !



『焼却は絶対駄目ですからっ!!! 
 大事に保管しておいてください !
 すぐに又ご連絡差し上げますから、ちょっと待っててください。 
 ね?  ね?   ねっっ? !!  』
成田のからのお電話の主にクドい程に念押しし・・・
税関、動物検疫、成田 間を電話で行ったり来たり・・・




結局。




チャーリー君が生前健康であった(伝染病等で亡くなったのでは無い)事が証明出来るものが何かあれば良いという事に落ち着きました。
『一応3ヶ月経ったら処分って事になっているけど、ま、待ちますから。』 と。^^;。
わたし、しつこかったかなぁ 。。。
(お役所仕事って融通が利かないものだと思っていましたが、面倒になって来ると結構いい加減な気が・・・ こちらの必死さとか、たまたま当たった担当者で随分状況が変わる気が・・・^ー^;)



とりあえず、しばらくの間のチャーリー君の安全は確保。

さて。。 コレから大変だ。。。

先ずは、この状況、きなこさんに連絡しなくちゃ・・・どこから話そ・・・ ;


この様な事態を想定せず、何も考えずに『ではお送りください^^』等と云ってしまった私って。。。
甘かった。。。



で、数日後。

取り敢えず、チャーリー君の毛だけ抜き取られた状態の、
(検疫チェックとは関係のないお荷物のみが入れられた状態の)
ナイフでザクッと開封後に、又、テープでベタベタと梱包し直した様子の
観るも無惨なNZからのお荷物が成田のDHLさんより届きました。

荷物を受け取った瞬間は、その姿に、落胆。。。 何て可哀想な姿。。。
(悲しすぎるこの荷物の画像・・・残しておけば良かったですね・・・)

でも、開封し、チャーリー君の数々のショットやきなこさんからのお手紙を拝見しているうちに・・・
(お荷物の中身は、傷も汚れも、全て全く問題ございませんでした)




『絶対に、最高のチャーリー君を きなこさんのもとへ 帰してあげよう ! 』






その後の大変な経過は きなこさんのブログ ご参照くださいませ。。。
(ここまでご報告した時点で軽く倒れそうな私です(笑))



とは申しましても 。。
実際に、現地で一番肝心&大変な動きをしてくださったのはきなこさん。
そして、国と私たちの間で色々とご配慮くださったDHLさん。
みなさま 本当にありがとうございました・・・無力なワタシでスミマセン・・・ ;;。




- - -  ここで  - - -

mecallのフエルトドッグ達を構成する主たるものは “羊さんの毛” 。
しかも、チャーリー君と同じ様に、NZから海を渡って来る羊さんが殆どです。

私の自宅アトリエにあふれる、羊毛・羊毛・羊毛・・・

彼等がNZの大地で産まれ、 広い草地を駆け、青草を食べ、 
やがて立派に成長し、夏には毛を刈られ、
その毛が、それなりの法的手続きを経て入国し、わたしの手元へ。 そして皆様のお手元へ。。。

フエルトチャーリー君の場合。
チャーリー君ご自身の毛は勿論、
フエルトチャーリー君を構成する羊毛さん達も一緒にお里帰りが出来たのね。。。

そんな事を考え、想いを馳せたりしました。

自分の仕事道具のルーツをキチンと知る事 。
ほんとうは、とっても大切だったこの事 。
気付かせてくださった “チャリ男社長” 。
本当に本当に、ありがとう。。。

- - -  ありがとう !  - - -






さて。

3ヶ月余に渡り様々な紆余曲折を経まして、チャーリー君。

めでたくわたくしの東京のアトリエへいらっしゃいました。




はい。  ご到着です。


こちらに。


f0170352_12463575.jpg





こちら。


二国間大協議(←きなこさん引用)を引き起こしてくださいましたチャーリー君。

全てでございます。

『量にびっくりしますから。。。』
ときなこさんから伺ってはいたものの。。。


あまりの結末に記念写真を撮ったのでございました(笑)。
(量の比較にワインコルクを置いてみました。。。^^;)


流石、チャーリー君。
昨今、類を観ない “オオモノ” です。




よっしゃ!
折角ですもの 。
最大限有効活用 。。。  サセテイタダキマス !







どの様な姿に形を変えたのかは、
明日辺り きなこさんのところ でご紹介されるかな・・・。
(私は画像を撮り忘れまして・・・
 これまでのフエルトドッグチャーリー君のショットからは見えないところに
 大切に大切に使ってありますよ。。。)




お楽しみに ! ^^  。




( 。。。まだ 引っ張ってる 。。。)
[PR]
# by mecall | 2008-10-15 14:02 | felt dog

president“charlie”

昨日のダイアリーのおわりに、チラッとお話ししました。。。

フエルトドッグアトリエ mecall に  ジェス君&SUN君 と一緒にUP致しました新しいお友達。



小粒でもピリリとなかなかのツワモノ “チャーリー君” です。

f0170352_11161981.jpg


とても良いお顔 しているでしょう?



依頼のお便りが届いたのは、今年の新緑が眩しい季節。

差し出し元は、まぁるい地球 日本の真裏 初秋のニュージーランドはクライストチャーチ。
チャーリー君がお星様となられた直後、悲しみに暮れるオーナー様から。。


約半年を経た先日、やっと ニュージーランドのご自宅へお届け出来ました。




チャーリー君が仕上がって 私の自宅室内で撮影をしていた時の表情が上のショット。
何となく、不安気に感じましたので・・・


『このお空はニュージーランドにも繋がっているよ!』と 一緒にお外へ出ましたら・・・


ほら、この笑顔^^。



f0170352_11381374.jpg



 
この日は 雲ひとつ無い どこまでも澄み切った秋晴れの 高い高い空。

このお空は、日本とNZだけでなく、虹の橋の彼方まで繋がっている事を感じたんだね。


そうだよ、チャーリー君 。。。
大切に想うだけで、みんな近くに居るのだよ ^^ 。


mecall では チャーリー君の 可愛いショットを 沢山ご覧頂けます。
こちらから是非遊びにいらしてくださいませ。→ フエルトチャーリー君に会いに行く


こちらのフエルトチャーリー君にはオーナー様のご希望でチャーリー君の毛が使ってあるのですが・・・
チャーリー君の毛が はるばるNZを出国し日本に入国するまでには数ヶ月に渡る大変な事態が・・・ !

こちらに関しましては、また後日。
(普段、変化の少ない平穏な日々を送っている私にとりまして特段な事件でしたので
 こちらの話題、とても1日で語りきれずに引っ張らせてイタダキマス・・・(笑))





さて、こちらのチャーリー君のご依頼主であるオーナー様。

“きなこ”さん という ニュージーランドご在住の日本人の方です。

抱腹絶倒(笑)大人気ブログを綴られておられ、この中でもこの不測の事態につきまして語って頂いています。
是非、ご訪問されてみてください → つれづれなるモナカ

けして私のダイアリーとの連動企画という訳ではないのですが、こちらでもこの大事件の記事、続編企画となられている様です(笑)


きなこさんはアイリスさんのサイトの中でも、NZでのワンちゃんとの生活をご紹介されておられます。
こちらも、是非。 → ニュージーランド犬通信




それでは、次回を “乞うご期待!”
[PR]
# by mecall | 2008-10-14 11:46 | felt dog

brother “jess & sun”

たいへんお待たせを致しました。。。




フエルトドッグアトリエ mecall に 新しいお友達をUPしました。


キラキラ笑顔が眩しいキャバリア君兄弟 “ジェス君&SUN君” です。



f0170352_11513370.jpg




穏やかなお兄ちゃんにヤンチャな弟君。

優しいママのもと、スクスクと真っ直ぐに育った キュートなキュートな お日様boys。



どうです ?
楽しそうでしょう ?!



f0170352_179597.jpg




この笑顔に出会ったら、悩みも疲れも一気にお空の彼方へ 。。。
究極の癒し大使デス !

制作中、私も何度 彼等に助けて頂いた事でしょう。。。(!笑)




mecall では ジェス君&SUN君の 可愛いショットを 沢山ご覧頂けます。
こちらから是非遊びにいらしてくださいませ。→ フエルトジェス君&SUN君に会いに行く



ジェス君&SUN君達の優しいママは “ama”さん と云います。
“ama”さんは、それはそれはもう、ジェス君&SUN君にメロメロなのです。。。(笑)
(amaさんのママさんも、また、然り。 だ、そうなのです 。。。(笑)) 
そんな“ama”さん。
食いしん坊兄弟のほのぼの日記、ほんわか綴られています。 
何かに煮詰まったらば、是非、ゆるっと覗いてみては?
とっても可愛くて、ホ〜ントに癒されるんですの^^ →  J+S




p.s.
mecallのカタログ内では、同時期にご納品させて頂いたもう1人のニューフェイス
ポメラニアンの“チャーリー君”も新しくご紹介させて頂いております。
こちらの“チャーリー君”につきましては ちょっとしたエピソードがございますので...(笑)
次回の日記で改めてご紹介をさせて頂きますね 。。。 ^^
[PR]
# by mecall | 2008-10-13 16:48 | felt dog

Shropshire

わたしはチーズが大好きで チーズ屋さんへは定期的に脚を運ぶのですが・・・
(ここでお察しの通り わたしはワインも大好きです(笑))


今回のお買い物の中で 一番のお気に入りは コレ。


“ シュロップシャー ブルー ”

f0170352_15321253.jpg


鮮やかなオレンヂ色とブルーのコントラストが美しい 青カビタイプです

ピリッとした塩辛さではなくコクや甘みが在って ほろほろと崩れる様な食感も本当に美味 !
色も綺麗なので お料理に添えても映えますね ^^




今回の話題。

何故 唐突にも チーズなのかと申しますと・・・




“シュロップシャー” という この名前。


羊毛にも在ります。

f0170352_15422510.jpg


毛質はハリ・コシが在り、色は真っ白ではなく少し生成りを帯びた暖かみの在る感じ。
私は主に、テリア種やワイヤーヘアーの子等に使用しています。




ここで、シュロップシャー(Shropshire)とは。。。




イングランド西中部に在る州の名前です。

お顔とお耳と脚が黒いファニーなルックスのシュロップシャー羊さんは、この地区のご出身。

なので、シュロップシャーブルーチーズも こちらが原産なのかと思ったら・・・
イギリスはイギリスでも イングランド東中部のノッティンガムシャー州が原産の様でした。

なのに なにゆえ “シュロップシャー”と 名に付くの ???



ま、こまかい話しは抜きにして・・・



シュロップシャーブルー。

青カビタイプが苦手だな。。。という方にも比較的OKなブルーだと思います。
(同じくイギリス原産の“スティルトン”というブルーに少し似た感じです)

チーズ専門店でも常時在るタイプでは無いのですが。。。
興味を持たれた方は 一度 試食等でお試しになってみては?
(ちなみに、このチーズの原料乳は牛乳で、羊乳ではありません)



以上、 イングランドの地区繋がりで チーズと羊の話題でした。



今週末頃には やっと フエルトオーダードックのご紹介が出来そうです。
キリリと可愛いニューフェイス☆  お楽しみに!!
[PR]
# by mecall | 2008-10-05 16:19 | felt dog
line

ゆららかなる日々・・・


by mecall
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31