「ほっ」と。キャンペーン

charcoal charcoal + mecall

mecall.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ms. karin & koharu


フエルトドッグアトリエ mecall に 新しいお友達をUP致しました。



今日は愛らしい姉妹のご紹介。

憂いを秘めたうるうる無敵の愛らしい眼差しが美人さんね・・・ 
f0170352_16245073.jpg

ふわふわゆるいウェーヴお耳とこっくりブラウンの澄み切った瞳がステキね・・・
f0170352_1713193.jpg

お姉ちゃんのかりんちゃん(Mダックス)と、妹ちゃんのこはるちゃん(Aコッカー)です。



お姉ちゃんのかりんちゃんはおねだり上手な女の子。
f0170352_1637491.jpg

大好きなオヤツもおサンポも、お得意の伏せポーズでおねだり。
f0170352_16384424.jpg

こんなお顔でジッと覗き込まれたら、ママはもうメロメロなのです。。。
f0170352_16391031.jpg



妹ちゃんのこはるちゃんはちょっぴりシャイで甘え上手な女の子。
f0170352_1640491.jpg

大好きなママにはお家の中でもお外でも、もう、とにかくベッタリのストーカー。
f0170352_1711019.jpg

こんなお顔でジッと見つめられたら、やっぱりママはもうメロメロなのです。。。
f0170352_1734118.jpg




沖縄育ちのかりんちゃんこはるちゃん。
今年の夏に慣れ親しんだ沖縄を離れられ、埼玉で新しい生活を始めておられます。

実はこはるちゃんは、3年前の秋にご病気にてお空へと旅立たれました。
でも、高く広く拡がるお空は、世界中で繋がっているのです。

彼女達のお姿からは何処か輝く眩しさが感じられるのは沖縄のお陽様のせいかもしれません。
そう、こはるちゃんはお星様ではなく、お陽様になられたのかもしれません。。。
そして、今日もみんなと一緒にニコニコ、
きっと、沖縄のお陽様の様に眩しくキラキラ、輝いているのですね。。。


澄み切った高い秋空にきらめくお陽様に目を細め、素晴らしい笑顔と愛を沢山頂いたアトリエ。
Hさま、かりんちゃん・こはるちゃん、ほんとうにどうもありがとうございました !




                         *




mecall サイトでも、かりんちゃん・こはるちゃんの笑顔にお会い頂けます。
コチラから是非遊びにいらしてくださいませ → フエルトかりんこはるちゃんに会いにいく!
[PR]
by mecall | 2013-10-25 17:14 | felt dog

aso


今回の旅は、高千穂エリアに犬連れOKの宿が見付からなかった事等から
高千穂に近く観光もグルメも犬連れ宿も比較的充実している阿蘇に宿を取りました。

福岡から先ず阿蘇に入り阿蘇エリアを半日楽しみ1泊、
翌朝早めに高千穂に向かい丸々一日たっぷり楽しんだ後阿蘇へ戻り1泊、
翌日、再び阿蘇エリアを半日楽しみ福岡へ向け帰路へ。 

阿蘇はロングドライブの前後でしたので
残念ながら高千穂ほど“満喫”という感じでもなかったのですが。。。


日本三大楼門の一つに数えられる阿蘇神社の楼門

f0170352_11542143.jpg


3回撫でてから願いをかけると叶うと云う謂れの願かけ石。
こちらもパワースポットです。

f0170352_122293.jpg



阿蘇神社の参道は、神社に沿い横に伸びる、横参道という非常に珍しい造りです。
一方は阿蘇火口へ、もう一方は国造神社へ向かっているとか。

門前町もとても風情が在りましたょ。
この辺りは美しい湧き水が溢れ、民家の軒先や通り脇等、
至る所に湧き水を受ける水瓶と柄杓が在り、自由にすくって飲める様になっています。
豊かに湧き出る清水で名産のトマトなんか冷やしてあったり、ステキな風景でしたね。。。
(画像が無くてスミマセン;)


阿蘇は、
アウトドアレジャーやファームや雄大なカルデラをのぞむネイチャーツアーなんかも魅力ですが
今回の旅では阿蘇でのゆったりとした時間が取れなかったので残念ながらパス ;;

かわりにとても楽しみにしていたのが、コチラです。

f0170352_12262842.jpg


ブルーグリーンの古い木壁に無造作に並んだ古道具達。。。
f0170352_12263557.jpg


古い建物の中はほの暗く。。。
f0170352_12264676.jpg


暖色のライトが灯る可愛らしいエントランス看板。 『 etu. 』さんです。
(以下店内画像、許可を得て撮影をさせて頂いております)
f0170352_12265579.jpg


山積みになった昭和の香り漂うキッチン雑貨だったり、天井には古い航空模型。
f0170352_1227356.jpg


逆光が照らすアンティークのガラス器達が何ともノスタルジー。。。
f0170352_12271242.jpg

f0170352_12272012.jpg


廊下にも所狭しと古道具が
f0170352_12272712.jpg


振り子時計の掛かる紅いソファのここは校長先生のお部屋かな・・・?
f0170352_12273552.jpg


そう。
こちらは昔の旧洋裁女学校をそのまま再利用したアンティークショップなのです。
古着はもちろん、トルソーや、ボビンや瓶に入った古ボタンなんかも沢山在りました。
f0170352_1351830.jpg


紅いソファのすぐ横には当時の下駄箱。 これはお店のスペース確保のための移動かな?(笑)
f0170352_12274660.jpg


お店の一番奥は、小さなギャラリースペースになっているのです。
f0170352_12275347.jpg


セピア色の古校舎にヴィヴィッドな若手アーティストの作品も、とてもイイです。
f0170352_1228130.jpg


とってもイイ。
f0170352_1228932.jpg


木工作家さんや、陶芸作家さんや、金属作家さんや、手葺きガラス作家さんの作品も。
f0170352_12281771.jpg

f0170352_12282537.jpg

f0170352_12283381.jpg


良いですね。。。
すごく来てみたかったのです。この場所。
学生時代を過ごした信州にも、松本とか、安曇野とか小布施とか、こんな感じの場所が在りました。
ものすごく好きです。こんな感じの空気感。

若い頃は訳も解らず色々なものに手を出して色々様々沢山沢山自分の中に取り込んで来たけれど、
今は、滅茶苦茶にも闇雲にも見えたその頃の経験から、
上手に消化して自分のカタチに作り上げられて来ているのかな、と感じる事が、この頃あります。

たとえどんな経験であっても、全ての経験は無駄では無い。

キラキラと勢いの在る若手アーティスト、熟練され洗練されたベテランアーティスト、
永き時を経て更に魅力を増す、古道具、古着、家具、校舎 。。。

どこか、いつかも解らない様な、異次元の異世界にフワリと迷い込んでしまった様な空間、
そんな空間で、そんな事を想ったりしました。




小さな澤を挟んだお隣の校舎には、パラソルに学机・学椅子。。。
こちらも校舎をそのまま生かしたカフェでした。
f0170352_12284133.jpg


いつかこんな空間にアトリエを構えてみたいなぁ。。。
f0170352_12284897.jpg




高千穂・阿蘇。
色々な思いが錯綜した、少し浮遊感の漂う良い旅となりました。

あ、キミたちも同行したのに全然登場しなかったねー ;
f0170352_131814100.jpg

こっち向いてー
f0170352_13182966.jpg

わらってー ^▽^
f0170352_13185479.jpg

慌てて撮った、チェックアウト後のお宿の前でのショットでした(笑)




以上にて旅レポ終了。

今週は作品紹介デス!
[PR]
by mecall | 2013-10-21 13:28 | trip

takachiho II


高千穂と云えば、モチロンあの場所も。

私達は阿蘇に宿を取り、阿蘇から山を越えて宮崎へ入るルートで向かったのですが、
山を抜けても延々この様な田園風景が続きます。。。

f0170352_12121163.jpg


混雑を予測し休日を外した連休前に訪れたのですが、想像を超える人出 ;
やっと停める事が出来た駐車場は、
高千穂大橋をのぞむ五箇瀬川(高千穂峡谷)のだいぶ上流の場所でした。
(でも、渓谷沿いに巡回シャトルバスが運行しているので遊歩道入口までも安心です)

f0170352_12204247.jpg


さて。
この場所の美しさに私のつたない説明なぞ不要でしょう。
清々しい空気を感じてください・・・ !

f0170352_122330100.jpg

f0170352_12233967.jpg

f0170352_12235750.jpg

f0170352_12246100.jpg

f0170352_12241423.jpg

f0170352_1224249.jpg

f0170352_12243395.jpg


自然の産物は本当に素晴らしい。。。


高千穂峡と云えば、切り立った岩肌を見上げる渓谷での手漕ぎボートが有名ですが
我々はチャコリズ連れでしたので乗る事が出来ませんでした。
以前は一緒に乗る事が出来た様なのですが、何年か前に禁止されてしまった様です。ザンネン ××
でも、ボートはとっても混雑し数時間待ちでしたので、仮にOKでもスルーしてしまったかも。
GWなどは6時間待ちとか! ミッキー以上(下世話な例えでスミマセン;)ですね・・・;

それでも、神秘的で雄大な景色に全身を包まれる感覚は格別なのかな。。。


f0170352_12231925.jpg




“ 神話と伝説の街 高千穂 ”と記されたフラッグがパタパタはためく中、
神聖な空気とマイナスイオンをたっぷり浴び、全身透明になった様な気分で帰路へついたのでした。

f0170352_12461181.jpg


日本は神様の国なのだなぁ。。。






 * オマケ * 

  駐車場からシャトルバス停までを歩くチャコリズ。
  高千穂の景色が素晴らし過ぎて、人や犬たちの画像がほとんどないのだなぁ。。。 ;

f0170352_1248124.jpg
  


阿蘇のコトも、あと少し。続きます。
[PR]
by mecall | 2013-10-19 12:57 | trip

takachiho


あゎゎゎ・・・ 更新出来ぬまま、もう10月も半ばだ・・・ ;



さて。

少し前のコトになるのですが、晩夏に小旅行へ行って参りました。
行き先は、かねてから一度は訪れたいと密かに熱望しておりました場所、“高千穂”。



まずは、高千穂宮

f0170352_15444239.jpg


からの

f0170352_1545130.jpg


高千穂神社

f0170352_15452574.jpg


本殿にてお参りをしてから

f0170352_15461685.jpg


参道を抜け

f0170352_15491086.jpg


河へと下ります

f0170352_15494046.jpg


向かう先は、この旅にての最もの楽しみ・・・

f0170352_15514729.jpg


てくてく、てくてく ・・・

f0170352_15524698.jpg


下って、下って ・・・

f0170352_1553958.jpg


太鼓橋を渡り・・・

f0170352_15534249.jpg


川面がもう、すぐそこのことろにまで下って来ました

f0170352_15542762.jpg


つきなみだけど、綺麗だなぁ。。。

f0170352_15554258.jpg


雨の後で多少濁っていたものの、この美しさ。。。

f0170352_16223427.jpg


そして、辿り着いた場所とは・・・

f0170352_15561293.jpg


天安河原にある天岩戸。 

f0170352_15572365.jpg


天照大神がこの洞窟(天岩戸)に籠ってしまった際、
八百万の神が集まり何とか彼に出て来てもらう策を会議をしたとされるのが洞窟前に広がる河原。
( 神話内容について詳しくは、宮崎県のHPをどうぞ →  )

こんな美しい景色を背に、神様たちは昼夜会議を繰り広げたのだね。。。


f0170352_1620645.jpg


洞窟の中側から光を見る。
明るく暖かく、光とは、スバラシイね。。。

f0170352_1658613.jpg



行ってみたい行ってみたいと思いつつも
電車やバスを乗り継ぐ等中々面倒なので東京にいる頃は脚が向かずにいたのですが、
福岡からは車で3時間程と、ドライブ旅にはもってこい。
こちらへ転居が決まった際、真っ先に“福岡にいる間に必ず行こう!”と思ったのがこの場所です。
(結局何だか諸々忙しくて転居より1年半を経ての実現となったのですが・・・)

上手くコトバで説明出来ないけれど、岩に刻まれた“洗心”の二文字そのままなこころもち。
来て良かったな。
また来たいな。



日本でも屈指のパワースポット。

実際、私にパワーが注がれたか否かは、まさに“神のみぞ知る”のだと思いますが。。。 笑


f0170352_16575218.jpg





高千穂、もう少し続きます。。。




※ 余談ですが・・・ ※

 不思議と天岩戸の写真が何故かどれもピンぼけぎみなのです。
 上の4枚の画像もボケ気味ですが、それでも良い方。
 神のチカラか。。。 ?
[PR]
by mecall | 2013-10-17 17:06 | daily life
line

ゆららかなる日々・・・


by mecall
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31