charcoal charcoal + mecall

mecall.exblog.jp ブログトップ

wash

お客様からのご要望でフエルトドッグにご愛犬ご自身のコートを使用させて頂く事は多く在ります。

ワンちゃん達の抜けたコートを大切に貯めておられるオーナー様も多く、
mecallには、そんなワンちゃん達の抜け毛の洗浄方法のご質問が良く寄せられます。

その都度、簡単にアドバイスをさせて頂いているのですが、
現在制作中のワンちゃんのコートを洗浄させて頂く機会がございましたのでチラッと過程をご紹介です。




                      *




まずは、用意するものです。

・洗剤 ・お洗濯用容器 ・柔軟仕上げ材 ・50℃くらいのお湯 ・お洗濯用ネット 
f0170352_1517563.jpg

洗剤は、私は通常原毛洗浄にも使っている“液体モノゲン”というものを使用しています。
アナンダさんと云う原毛ショップで求めています(PYREXの中のハチミツ色の液体)。
専門ショップ等、特別なお店でないと入手し辛いので、ウール洗い用中性洗剤でもOKです。

洗い容器は、毛全体が充分に浸かる充分な大きさのものを。
私は染色などにも使ったりするので、
色や匂い移りの心配の無いホーロー製のものを大きさ違いでいくつか持っています。

柔軟仕上げ材は、繊維同士の絡まりやもつれ予防の為です。
防臭効果や洗い上がり時のお楽しみも含めて、私は香りの良いものを選んでいます。




さて、お洗濯の方法です。


1. お風呂よりも少し熱め(50℃程)のお湯に、毛の重量に対して10%の量の洗剤を溶かします。
  (↑液体モノゲンの場合です。ウール用洗剤の場合は使用説明書どおりの表示量で)
f0170352_15373758.jpg

   毛の汚れや匂いが気になる時は少し熱め(70℃程)で濃いめの洗液を作ってください。
   洗液の量は、毛が充分に浸かる量を用意します。



2. 毛をお洗濯用ネットに入れて
f0170352_15392954.jpg



3. そぉー っ と 洗剤を溶かした液に浸し、そのまま10分程放置します。
f0170352_1540185.jpg

     この時のとっても大切なポイント
     洗液に、そぉー っと沈めたら、そのまま、そのまま・・・
     突いたり押したり揉んだりは絶対にしては駄目です!
     ココで、突いたり押したりしてしまいますと、フエルト化して固まってしまいます。
     絶対に触らないでそのまま放置です。。。
     熱めの洗液で汚れは充分に溶かし出されますから大丈夫ですょ


4. 10分程経過したら、洗濯機で5分程脱水します。
     この時のとっても大切なポイント 
     この時も、とにかくそぉー っと です!
     そぉーっとネットに入ったまま洗濯機に入れて、
     手絞りでは無く洗濯機で遠心脱水してください *


5. 脱水が済んだら、お風呂よりも少し熱め(50℃程)のお湯(洗液では無くただのお湯)に、
  ネットに入ったまま浸します(ススギの作業になります)。
  シツコイ様ですが、この時も絶対にイジらずにグッと我慢で放置です。。。


6. 10分程経過したら、洗濯機で再度5分程脱水します。


ー ー ー  汚れ度合いに応じ、5.6.をもう1〜2度ほど繰り返します ー ー ー


7. 脱水が済んだら、各々の表示指定量の柔軟仕上材を溶かしたお湯(50℃程)に、
  ネットに入ったまま浸します(最終ススギの作業になります)。
f0170352_1638549.jpg

    まことにシツコイのですが(笑)この時も絶対にイジらずにググッと我慢で放置です。。。


8. 10分程経過したら、洗濯機で再度5分程脱水します。


9. 脱水が済んだら、ネットから、そぉー っと毛を取り出します
f0170352_15572192.jpg

     脱水直後は、遠心力で毛が圧縮されてペチャンコです。
    (お色の違う毛も、別のネットに入れて同時に洗いました)


10. 指先で軽くほぐして、ザル等にあけて風通しの良い場所で乾燥させます。
f0170352_1611336.jpg

     風に飛ばされない様に気を付けてくださいネ 



これで、完全に乾燥したら終了です。
紡いで毛糸にしたり、フエルトにしたり、色々に使えますょ。


※ 少しでも湿気が残っているとカビ等品質劣化につながりますので充分に乾燥させてください。

※ 洗浄後保管する際は念の為、乾燥剤や防虫剤等と一緒がお勧めです(ウール製品と一緒です)。

※ 寒い時期は皮脂等油分が主体の汚れはかたまって落ちにくくなっていますので、
  その様な季節には染液やすすぎ湯が冷めてしまわない様に温度を調節してくださいネ。




                       *





続きまして、
こちらもご質問の多い、フエルトドッグ達の毛色の作り方もご紹介させて頂きたいと思います。
今回の色の出し方は、“染め” では無く、 “混色” です。


お楽しみに☆
[PR]
by mecall | 2009-06-06 16:56 | felt dog
line

ゆららかなる日々・・・


by mecall
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31